2021年 2月28日 放送
小児の発熱


 高熱になると機嫌が悪くなり困りますが、40℃以上になっても、風邪の高熱のみでは脳に障害を残しません。発熱は細菌やウイルスに対する防御反応の1つで、病気に負けて熱が出るわけではありません。体温が急上昇する際の寒気が強い時には温かくしますが、それ以外は薄着が基本で、涼しい気持ちの良い環境にして下さい。ゼリーやアイスクリームやお菓子など、何でも食べてくれればありがたいと考え、数日間は栄養バランスを無視して下さい。
 水枕や冷却ジェルシートは子どもが嫌がれば止めて下さい。熱があっても機嫌が良ければ短時間の入浴は可能です。ぐったりしている、呼びかけに対する反応が悪い(意識低下)などの場合は救急で小児科専門医のある病院を受診して下さい。
 解熱剤は熱を下げて子どもの機嫌を良くしますが、病気は治しません。解熱剤で無理に熱を下げる必要はなく、解熱剤の使用は熱のために機嫌が悪い時や寝てくれないなどの時に限定し、アセトアミノフェン(カロナールなど)を使用します。病気にもよりますが、他の解熱剤は脳症を起こしやすくなる場合もあり、使用しないで下さい。風邪薬といわれる総合感冒薬にも解熱剤は入っています。注意が必要です。
 熱性けいれんは6歳以下の子どもの5〜8%に生じます。身体全体が堅く伸びきったり、筋肉や手足がピクピクとリズミカルに動き、意識が無いのが特徴です。身体を揺すったり、口の中に指などを入れないで下さい。数分以内に止まり、後遺症は残しません。
 高熱になると神経系の未熟な小児では熱せん妄といわれる幻視や幻聴などの幻覚や異常行動などが生じる場合があります。怪我をしないように見守ってあげて下さい。けいれんが15分以上、熱せん妄が1時間以上続けば救急受診が必要です。






2021年 1月20日 放送
熱傷(やけど)


 暖房器具や調理器具での熱傷の多い時期です。高温の場合は発赤や腫脹が出現し、腫れや水疱が数日間進行する場合もあります。また、40〜55度くらいの比較的低い温度でも持続的に接触すると低温熱傷になり、皮膚の深い部分まで障害されますので、見た目よりも重症です。
 出来るだけ早く熱傷の部分を冷やすことが大切で、冷やすことで熱傷の進行を止め、痛みも抑えることが出来ますし、傷跡が残りにくくなります。近くの冷たい水やお茶をまずかけて下さい。水道水を流しながらや洗面器に溜めながら15〜30分間冷やします。顔や体幹部では濡れタオルなど、衣服を着ている場合は衣服ごと冷やして下さい。保冷剤や氷などを使用する場合は冷やしすぎないように、広範囲であれば身体が冷えすぎないように注意して下さい。炎症を抑える作用のある軟膏も有用です。水疱を覆う皮膚は細菌感染を防止し、痛みを緩和し、水疱液には皮膚再生を促す成分が含まれていますので、水疱は破らないようにして下さい。破れた場合は軟膏をたっぷり塗って傷口を覆って、傷を保護します。水疱ができた場合や範囲の広いやけどは受診して下さい。
 口や鼻の周りのやけどの場合は、熱い気体や水蒸気などを吸いこんでいる可能性があり、気道粘膜が腫れて、ひどい場合は気道閉塞を起こす気道熱傷を伴っていることがありますので、咳を伴ったり喉を痛がる場合は早期の診察が必要です。
 こたつやホットカーペット、カイロ、湯たんぽ、ストーブなど、低温でも皮膚の同じ場所に長時間熱が加えられると低温熱傷が生じますので、直接皮膚に触れないようにして下さい。あまり動かない赤ちゃんや小さな子をホットカーペットや床暖房の上に掛け布団を併用して寝かせれば、乳幼児の体温は危険な領域まで上昇する可能性があり、低温やけど以外にも脱水症や熱中症になる可能性があります。






Copyright © こばやし小児科 All Rights Reserved.

PAGE TOP